現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
東京都1部リーグ 青梅フットボールクラブ戦
お待たせしました、今シーズンもやってきました。
ザ・因縁の@笑、青梅FC戦であります。
え? 2-0で今季初勝利した、
前節のプログレッソ戦はどした?ですかい?
いやー裏広報、暑さのせいで試合があったのを、
すっかり忘れちゃってました!…なんて@笑。
もちろんウソに決まってんですが、裏広報の場合、
実際にボケてきてるのもあって、
必ずしも冗談と受け取ってもらえないのが、
切ないというか何というか@涙。
まぁ、勝ったゲームのことはサクッと飛ばして、
@ ↑ カカ、カッコイイ!@←って自分で書いても…
「因縁の」青梅FC戦についてですよ肝心なのは。
c0194736_0522896.gif
ということで、
毎回何かが起きる(…ことになっている(…らしい))この試合、
裏広報の目からは超もしならポイントが3つありました。
…っていきなり言い出しても何のことやら?ですね。
もしならポイントってのは、
「“もし”あの場面が~“なら”、もっと違う展開になっていた、
いや、へたすりゃ勝ってたんじゃね?」ポイントのことで、
今これの書き出しを書いてて急に思いつきました@笑。
というか、そのことってフツウ、
“たられば”って言うんじゃなかったっけ?、
とまたも思いついたんですが、思いつきなので忘れて下さい。
とにかく、その超もしならが今日は大きく3つあって、
最初のが前半43分、
田中選手のループ・シュートをめぐる判定でした。
すでに35分に左からの速攻を受け、
(その時も微妙な判定から自分たちがペースを崩して)
失点していたのですが、とっさの判断から放たれた、
田中選手の見事な浮かせ球が、ボックスの外に飛び出してきた、
相手GKの手によって阻まれたわけです。
主審は「得点機会の阻止」とは取らなかった、
ってことだったんでしょうが、
厳格な審判でもし赤が出てたなら、というのが第1。
続いて、それでも気分を切り替えて、
何とか0-1で前半を閉じようとした矢先に、
不必要なミスから追加点を奪われてしまったのが第2。
時間は44分ごろでホント終了間際@激悔。
もしあの失点がなかったなら、
後半はわずか1点のビハインドからで、
ゲームの行方はまだわからなかった…なんて力説も、
単なる負け惜しみに聞こえないはず@苦笑。
3つ目は後半開始直後も直後の2分、
松下選手が右を突破し絶妙のマイナスを中に返したのですが、
位置的には完璧だった田中選手が、
何もあんな時にあんな珍しいことしなくてもいいのに、の空振り!
…に続く5分には、今度は相手のラインを破る、
田中選手文句なしの球出しから、
抜群のタイミングで飛び出した松下選手、
GKと1対1になったのに右に外してしまう…!
これら後半キックオフすぐ後に降って湧いた大絶好機に、
どちらかのシュートでも入ってもし同点になっていたなら、
因縁の相手は非常に若いだけに、気持ち的に優位に立って、
ひと波乱もふた波乱もあったかも、という第3。
まぁ時間で言えば、前半終了前の5分、後半開始後の5分と、
ほんの10分間の話で、
もちろんそれが最も注意を払うべき定石の時間帯であることは、
選手たちも知り尽くしているはずなんですが、
そんな10分足らずの、しかも白黒ちょっとした違いの、
もしならポイント3つばかしで、結果1-5という、
試合の流れができてしまったんじゃないかと。
そしてひとたび流れを失ってしまったら、
たとえ力は拮抗していたにせよ、
こういう結果も十分あり得るわけで、
明暗を大きく分ける細部の積み重ねの怖さを、
改めて痛感したゲームでした。
つまり、もしならポイントは凄いと。違うか。
だいたいもしならポイント、妄想だし。

もっとも、後半立て続けに失点した後も、
望月選手グラウンダーの惜しいFkがあったり、
鈴木洵選手のほとんど超人的な守りがあったり、
内山選手の惜しいチャンスがあったり、
何より、しっかり2度目を決めた、
田中選手の美しい軌道のループがあったり、
見せ場は山ほどだったんですけどねぇ…
c0194736_055888.gif
もはや負けたゲームのことはサクッと飛ばして、
@ ↑ 要するに記憶力が悪い?@←って自分で書くのも…
次節絶対に勝つことですよ肝心なのは。

今日の二言:客席挨拶後、戻りがてら裏広報と反省会の田中選手「サッカーは走れないとやっぱダメですね」(「一番走れてないのは俺だけど」のセリフが続く@笑)
で、ベンチまで来てどっかと腰を下ろし「5-1かぁ…ごーいち、ごーいち? お、ごーいちじゃん」と隣の森田剛一選手にからむ田中選手は裏広報には眩しすぎる。

都1部リーグ第6節順延分
東京ベイFC 1-5 青梅フットボールクラブ
[PR]
by tbfcinside | 2011-08-28 21:45 | リーグ戦