現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
東京都1部リーグ 警視庁サッカー部戦
ベイを愛する皆様、ベイウラを愛する皆様…はいないか@苦笑、
1か月の御無沙汰、お待たせしました。リーグ戦再開です。
それも、ここから9月にかけて、上位チーム含む強豪との、
連戦が待ち構える、今シーズンの正念場です。
裏広報もこの1カ月、十分に鋭気を養い、気合いを入れまくって…
たつもりはつもりだったんですが、やっぱり毎日毎日、暑い
暑くてつい心が萎えてくる。おのれに負けまくってしまうわけです。
しかしながら、そんな気持ちの虚弱な、
裏広報魂に富む人間は、ウチの選手にはいなかったのでした。
良かったです…って、いたらそりゃ困るけど@笑。
逆に各選手、“練習はウソをつかない”、“日々の積み重ねは、
倍になって返ってくる”を、身を持って証明し、
また自身も改めて体感した試合だったんじゃないかと思います。
c0194736_3115219.gif
もっとも今日の相手は、これまで五分の対戦成績ながら、
ベイ的には決して得意とは言えないタイプ。
実際、開始早々の10分に、湾岸のエースがお誂え向きに先制しても、
この調子で行けるぞ、という感じにはなかなかならなかったうえ、
前半終了前、ほんのささいなほころびから同点弾を浴び、
やっぱり苦戦は必至かもと覚悟させられたのでした。
それだけに、前半アディショナル・タイム、
CKからのヘディング押し込み@望月選手、と、
後半開始直後、
混戦の中ギリギリにつないだクロス@望月選手、の、
左足押し込み@松下選手、の2得点は、
どちらも決して会心ではない、泥臭いゴールではあったものの、
非常に大きかったんじゃないかと。
(時間帯がまた抜群だったし、加えて言えば、
1、2点目がプレース・キックからというのも申し分なし、です)

結果、6-1の圧勝劇。もちろん勝因はいろいろあったんですが、
裏広報的には、(何を言うか皆さんもうご存じの通り@笑)
まず第一に守備の安定感。
特に今季初出場の坂本選手が、キックオフ後すぐの大ピンチを、
体を張って防ぎ、それでリズムにも乗れたのか、
カヴァーリングの勘の良さなど、こちらが考えてた以上のフィット感で、
嬉しい驚きを与えてくれました。
また、確かに一瞬のスキを突かれて失点はしたものの、
その後の修正で、後半はキチッと零封してくれたというのも、
さすがは裏広報魂などいっさいない、クレバーなDF陣。
欠場の主将もウカウカしてられないよーな@笑。
c0194736_313193.gif
第二に、本日の会場が今日に関しては良かった。
ゲーム前、双方初めてのグラウンドが、
どっちにアドヴァンテージとなるかねぇ?と話したりもしてたんですが、
いざ試合が始まってみると、
相手はいつにない慎重さ加減で、イケイケ感少なめ@笑。
さらに、例えば正岡選手のキックにもいい影響が出ていたり@笑、
ゲーム・プランの徹底性が図れたりと、
例の独特な@苦笑、相手本拠地を回避できたという以上に、
こちらに有利となることが多かったような気もします。
だいたい今日の会場、湾岸なんだしね。

ということで、滑り出しは上々でしたが、
まだ連戦は始まったばかり、
この日の勝ちでプレーオフ戦進出が決定したわけじゃなく、
週末にはすでに次の難敵も控えているため、
あくまで裏広報魂の暗黒面に落ちるのは避けて、
次の準備に向かいましょう!
…って書くのも、それはそれでせつない。

今日の三言:先制点の田中選手「試合だとやっぱ最初の点というのが肝心なんで、量よりそこにこだわってると」(笑)/トドメの6点目・町田選手「(今日も全般に素晴らしい出来だったね、との声に)そうでしたか?(…と言いながらもニッコリ)」/ハットトリック!の松下選手「(特に3点目のループは)ふだん練習もしてたけど、左であんなにうまく蹴れるとは思わなかったよ」

都1部リーグ第10節
東京ベイFC 6-1 警視庁サッカー部
[PR]
by tbfcinside | 2010-08-29 22:10 | リーグ戦