現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
御挨拶
リーグ戦
その他公式試合
練習試合
練習会
UNITED
ユース
ジュニアユース
ジュニア
フットサル
女子
イベント
リタベイ
お知らせ
以前の記事
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
お気に入りブログ
東京ベイFC
東京ベイUNITEDの軌跡
owner?のブログ
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
東京都1部リーグ フットボールクラブ新宿戦
まぁ半ば予想通り、でもあったんですけどねぇ…
いや、予想通りじゃないな、
裏広報のちんけな予想などはるかに上回る、
タイヘンな夜でした@鬼疲。

まず天候。
都内でも場所によってかなりバラツキがあったみたいなんですが、
グラウンドのある城北エリアでは試合直前になって雨が降り出し、
もちろん雨は何てことないものの、
そのうち空がピカピカして音もゴロゴロして、審判団懊悩@苦笑。
(たまたま友人が行っていたJ2の水戸-大分@水戸は、
雷雨により前半で中断→本当に中止になったそう)
それでもこちらの試合は20分遅れで何とか始められたんですが、
時間が進むにつれてどんどん雨足が強くなり、
運営席用に張った半壊れのターフが、
みるみるたわみ始めてキケン区域突入@汗。
たまった雨を落とすのにバタバタしてる間に後半に入り、
やーっと雨が落ち着いてきたと思ったら、今度は風との戦い@苦笑。
結局、突風にターフを持ってかれないようにと、
支柱の支え棒となって観戦を続ける裏広報@苦笑…だったんですが、
そこにさらに追い打ちをかける相手監督の怒声。
実は、相手メンバーに裏広報と同名の選手がいて、
それがまたどうも、チームの怒られ役?だったようで、
何かと言うと荒い言葉を一身に浴びせかけられている。
「おい、T、上がれって言ってるだろが、ボール見てんじゃねえよ!」
「T、ポジションちゃんと取れよ、わかってんのかよ!」@以下同。
そりゃ裏広報には全く関係ない話なんですけどね、
やっぱ名指しされ続けると萎えてくるというか何というか@苦笑。
c0194736_2357893.gif

いや、そんな個人的“タイヘン”はさておき、肝心の試合の方ですが、
昨シーズン同様、今年も1点が勝負の、
それも決定機がホント交互にやってくるような、
90分ずっと緊張を強いられるドキドキの“タイヘンな”ゲームでした。
そんな中、改めてよく頑張ったと思えるのが守り。
それこそ空中戦を完全に制圧、
来る球をことごとく跳ね返していた川上選手や、
全体的にアツクなりかかる中で、
クールに声をかけていた望月選手を筆頭に、
尾林選手は靴が壊れるほど守っていたし@笑、
また、守備の選手だけでなく、攻撃的選手の前からの守りも、
いつも以上に特筆すべきだったんじゃないかと。
そして、徐々に一体感を上げていった連動の中に、あの、
スピーディなサイドチェンジ→間髪入れない抜け出しからの、
タイミング抜群なクロス→驚異的高さのヘディング、
による虎の子の得点もあったのではないかと。

ただ、昨夜の“タイヘン”は、
それだけで簡単に勝利、という風には終わらず、
後半のアディショナル・タイム間際に、
倒れ込みながらのクリアを試みた川上選手が、
肩を外す負傷で退場してしまいます。
それでも“守り”というベイの武器は綻びを見せることなく、
相手のギラギラしたナイフの一閃を最後まで抑え切ったのでした。
川上選手も、タイム・アップ直後の、
「ほら、整列しにいくぞ」とキビしー松下選手に、
「そしたら(肩)ハマるかなぁ」などと答えていて、
とても寝かされたままのケガ人とは思えない、
やり切った感にあふれてたし@笑。
あとは早い回復を祈るだけです。
次節まで少し間があるので、
意外と“タイヘンじゃなかった”に10億ジンバブエドル。
c0194736_2355875.gif
今日の一言:試合後、短髪にした頭をハヤされていた町田選手「いや、ヘディングしやすいようにと」(何事も心がけ、の成果だったんですね!)

都1部リーグ第9節
東京ベイFC 1-0 フットボールクラブ新宿
[PR]
by tbfcinside | 2010-07-25 22:33 | リーグ戦
東京都社会人1部リーグ 第9節に向けて
いやいやいやいや@夏にちなんでイナガー調で、
試合スケジュールの間隔が不定期だとどうしても、
こちらのチェックもノロマになっちまうんですが、
と、人のせい得意の裏広報ですが@苦笑、
分析来てました。
気づくの、
遅れてましたすみません@滝汗。
即、こちらへ。

次の相手は良きライヴァルですね。
3連勝中ですか…
いやいやいやいやほんとに@夏にちなんで同上。

確かにここが「正念場」であることは間違いないと思うので、
「きっちり勝って」、9月の勝負どころに備えましょう。
第9節は、
7月25日(日)、19時15分キックオフ、
東京朝鮮中高級学校グラウンドです。

[PR]
by tbfcinside | 2010-07-23 23:55 | お知らせ
東京ベイUNITED 都4部リーグ第6戦
今年は本当にいろいろありまして…
なんて、今や落語の枕のような、
すっかりオハコの言い訳書き出しになってますが@苦笑、
タイミングが合わずになかなか足を運べてなかった、
都4部のリーグ戦にようやく行ってきました。
会場は我らがホームの大井第一球技場、
ここで行けなきゃいつ行ける、だったんですが。

キック・オフは9時半。
まだ爽やかな午前の、試合をするには格好の時間帯…
なんて、フツウに考えてたら、
すでにモワッと暑苦しいわ@30度越え?、
陽射しは強烈だわでトンデモなく@苦笑、
裏広報、屋根付きの客席に座ってるだけで、
頭ン中がボーッとしてきて、ってボーッとしてるのはいつもか@汗、
直射紫外線下のピッチではもう見るからに、
ガマン比べのごとき、過酷なゲームとなりました。
c0194736_10382687.gif
で、一時は点が入らないままに、
どこまでも行ってしまいそうな雰囲気もあったのですが、
後半すぐ、ゴール前の絶好の位置で得たフリー・キックを、
吉岡選手がうまく壁を越えてバーに当て@あと一歩、
それでもバウンドしたボールを
飛び込んでいた佐藤選手が頭で押し込んで先制。
その後、宮下選手の見事なループがギリギリでクリアされてしまったり、
直後にDFの競り合いの隙に同点ヘッドを浴びたり、
嫌な流れになりかけたものの、
選手交代によって生まれた冷静なパス・ワークから、
GKと1対1になった小林選手が決めて突き放し。
さらには後ろからの長パス1本に、
あの時間帯よく追いついてくれた宮下選手が、
GKをかわして中の青木選手に折り返してダメ押し、と、
終わってみれば、理想的な展開の勝利を収めることができました…
なんて、裏広報が来た途端に連勝が途絶えたじゃ、
シャレにならないので、炎天下に飛び出して、
魂の応援を繰り広げた賜物ですが、うそ@笑。

しかしながら、やはり負けのなかった相手に、
競り勝ったのは大きいです。
3部昇格に向けて息のつけない戦いが続きますが、
今季はどーんと上がってくれるものと、
実際に見て確信の持てる内容でした。
ま、自分の確信など、何の屁の突っ張りにもなんないところが、
裏広報のツライところでもあるんですが@笑。
c0194736_10391899.gif
なお、午後からは同グラウンドで練習試合もあり、
トップ、ユースの混成チームが、
20分×3セットで品川カルチャーとゲームを行いました。
結果は、0-2、0-1、1-0。
ベイの得点はユースの太田選手でした。

今日の一言:「俺、最初(FKを)蹴るつもりは全然なかったんだけどね」(大黒柱的吉岡選手)

都4部リーグ第5節
東京ベイUNITED 3-1 スフィーダ
[PR]
by tbfcinside | 2010-07-19 19:19 | UNITED
全国社会人サッカー選手権大会関東予選 東邦チタニウム(株)サッカー部戦
タイトル長すぎる?@苦笑…はともかく、
ここへきて日程ひと段落、といった感じで、
またしばらく間があくリーグ戦の合間を縫って、
去年はなぜか出られなかった@苦笑、“全社”の関東予選が行われ、
裏広報も会場の保土ヶ谷へと行ってきました。
相手は元JFL、現在も関東リーグ2部の3位をキープと好調な、
格上・東邦チタニウム・サッカー部。
とはいえあくまで個人的には、ですが、
地元をあまり出たことない、地元仕方なく密着型の裏広報、
まだ見ぬ山口県に行ってみたくて、勝つ気マンマンでした@笑。

その上、否が応にもテンションを上げてくれるのが、
ふだんそんな所では蹴ることができない、天然芝のグラウンド。
まさに極上のヴェルヴェットな芝の美しさで@笑、
時には人間様より芝の方が大切なのでは、と、
感じるぐらいな扱いの違いに、ついシットを覚えてしまったりも。
いやもちろん、芝様の方がはるかに大切なのは、
言うまでもなく承知しておる次第でありますが。
c0194736_1956837.gif
ではもう何も問題なくゲームに入れたかというと、
そこでベイを襲う三重苦?@笑。
まず、テンションがアゲアゲになったところで、
先行の坂戸シティ-Y.S.C.C.戦が延長→PKまでもつれ込み、
キックオフの時間が30分ずれるという肩すかし。
また、ただ立ってるだけでも汗が噴き出してくる、
日中、蒸し暑さのピークでのキック・オフ。
そして、まるで一昨年のゼルビア戦を思い起こさせる@苦笑、
替えなく、しかも配置に思い切りが求められるメンバー構成。
もっとも、三重苦のうち二重苦は、
相手だって同じ条件、とも言えますが@笑、
ベイにとっては試練の状況に変わりなく、
それでも前半は、どうにか粘り強くしのぎ切り、
スコアレスで折り返しました。さぁニッポンの戦いはこれからだ!
c0194736_19572594.gif

ま、後半はさすがに運動量がめっきりと落ち、
終わってみれば4失点。とりわけ総合力の差を、
改めて感じさせる、厳しい結果となりました。
ただ、取られた点の倍以上好守を見せ、
相手に驚きすら与えていたGK庄山選手の活躍や、
加藤主将を先頭に、あるところまで浸透していた、
ポジティブな声のかけ合いなど収穫もあり、
選手には、過酷な条件の下、いい経験になったと思います。
裏広報には、すでに“ふく”のお腹になっているのを、
どうにかしてほしいんですが@苦。

今日の一言:「負けるとよけい疲れる」(試合後の移動時に松下選手。確かにそうだ@苦笑)

全国社会人サッカー選手権大会関東予選
東京ベイFC 0-4 東邦チタニウム株式会社サッカー部
[PR]
by tbfcinside | 2010-07-04 17:35 | その他公式試合