現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
東京都1部リーグ FC青山戦
「いよいよここから、今季の進退を決定する、
運命の4連戦が始まります」
書いた時の予測以上に、
いろいろなことがあった@苦笑、7月の4連戦。
期待通りの成績、とは必ずしも言えないのが、
裏広報としても心苦しいところではあるのですが、
それでも激闘7月のラストは、スカッと勝って締めようと、
前回の試合(佐川コンピューター戦)以来、
2カ月近くぶりとなる会場へと行って来ました。
c0194736_2352196.gif
考えてみればナイト・ゲームも久々の、19時にキック・オフ。
昼よりは過ごしやすいだけに立ち上がりの動きは悪くなく、
7分、9分といきなり絶好機が続いて、おおっ!
と腰を浮かされるものの@笑、得点にはならず。
さらに20分、みたび決定機到来!…でしたが、
これもあと1歩のシュート・ミスでチャンスを生かせず。
いや裏広報、
そりゃいつも強い心でチームの勝利を信じていますが、
こうも逸機続きだと、
ポコッと失点しちゃうのって今だったりしてねー、などと、
不吉な考えもよぎらせてみたり@どこが強い心だ?@苦笑

しかしながら、そんな暗雲を一気に晴らしてくれたのが、
望月選手でした。
相手のヘディング・クリアによる混戦状態の中、
いち早くベスト・ポジションに走りこみ、
高く上がったボールの落ち際を右足ボレー一閃!
ゴールの左上隅に突き刺しました。
いつも強い心でいるとはいえ、ちょっとホッとする裏広報@笑。
そのまま前半は1-0で折り返します。

後半に入ると今度はいきなり大ピンチ!
相手FWとGK1対1の場面が作られてしまい、
正岡選手がもうどうすることもできないスペースに敵シュートが。
いつも強い心とはいえ、ああああと半目で叫ぶ裏広報@苦笑。
…と思いきや、ゴール内にいた?鈴木選手が間一髪ハジキ返して、
最大の危機を脱したのです。
今日一番のポイントとなるビッグ・プレーでした。
c0194736_23542345.gif
その後は、内山選手が自ら獲得したPKを落ち着いて決め、
待ちに待った今シーズンの初ゴール。
また、前半から好プレーを見せていた田中選手が、
切り返してからシュートまでの恐ろしく速い一撃と、
絶妙なトラップからの見事なループとで2点を取り、
終わってみれば大勝のスコア。
DF陣も、CKから1点こそ失ったものの、
粘り強いタフな守備で奮闘。
そのほか、初スタメン田所、初出場熊谷と、
新たな収穫も得られたなど、
まぁチームとして課題がないわけではないにせよ、
いつも強い心の裏広報、
その揺るぎない信念通りの結果となりました。
ほらね。ほらねじゃねえよ@苦笑。

今日の一言:(今日はキックがよく飛んでるとチーム・メイトに言われて)「先週の練習で良かったんだよ。でも(先週の)本番では出なかったの。そしたら今日は行くんだよ」(正岡選手)

都1部リーグ第10節
東京ベイFC 4-1 FC青山
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-26 23:55 | リーグ戦
東京ベイUNITED 都4部リーグ第3戦
一時期のトップチーム同様、しばらく(@1カ月近く)、
リーグ戦が開いてしまっていたわれらがUNITEDですが、
第3戦、梅雨って明けたの?って感じな、
雨の合間をぬってのホーム開催が決定し、
おなじみ大井第一球技場で、試合が行われました。

実はキック・オフが、
7時半@もちろん夜じゃないよ朝だよ~、ということで、
それに合わせた集合時間も6時台になるはずだからと、
某U広報など、もしかしてアウェイの相手チームは早すぎて、
人数が揃わないのでは? ヘッヘッヘッヘ、
…などと、黒い笑いを漏らしたりもしてたのですが、
7時までに相手は続々到着@苦笑、
むしろこっちが早起きできず、集まらないんじゃね?…
なんてオチもなく、UNITEDも今季最高の18人が集合、
予定通り、7時半にゲームが始まりました。
c0194736_13491731.gif
相手は見たところかなり若いチームで、
出だしは慎重に入ろうとした…のですが、
いきなりFW松下選手がDFを交わして左に抜け出し、
GKまで交わしてイゴール!@笑。
するともうひとりのFW宮下選手も、
真ん中でパスを受けてからあっという間にボックスに侵入、
相手の寄せで右足ではシュートを打つ角度がなくなったと思いきや、
瞬時に持ち替えた左足で凄いループを放ってネットを揺らしました。
キックオフ後10分ほどで2-0。
相手たぶん唖然(だったと思う)@笑。
FWの2人はさらに、松下選手がGKが前に出てるのを見ての、
左からのロング・シュートで1点、
宮下選手が再度DFをスピードでぶっちぎり、
GKとの1対1を冷静に決めて1点、
ほぼ前半で勝負を決めてしまいました。
c0194736_1350859.gif
後半もこの最凶2トップ@笑は手を緩めず。
植田選手アウトでの素晴らしいパスを、
右で受けた宮下選手がキレイに折り返し、
走り込んだ松下選手が右足ボレーで5点目。
こういう試合だと、どうしても攻撃の話が多くなりますが、
GK庄山選手、DF望月選手、
それにボランチ植田選手の軸を中心とした守備も、
ほぼ危なげのない内容(2、3度の大ピンチを除く@笑)で終始し、
また交替して入った選手も、
ほとんどパフォーマンスを下げることなく零封。
最後、小山選手のシュートを相手GKがギリギリに弾いたのを、
杉山選手が押し込んでとどめを差し、
結果的には完勝の形で、3連勝を飾りました。
UNITED、もしかして強いのでは?
裏広報が絡まなければ、ですね…はいはい言われなくても、
わかってますよー(苦笑)。

◇今日の一言:「僕の点、ちゃんと(ベイウラに)書いて下さいよ!」(杉山選手)

都4部リーグ第4節
東京ベイUNITED 6-0 Cuppers
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-25 18:30 | UNITED
東京都社会人1部リーグ 第10節に向けて
うーん。
昨日は厳しい敗戦でした。
というか、
たとえリードを奪ったとしても、このチーム、絶対油断は禁物だ。
ですか…
情報室の予言が痛いとこ突き過ぎてて、そのサイト、
もう見に行きたくない気にすらなってるんですが@苦笑。

いや、逆ですね。
クールでシビアな予言をしてくれてるからこそ、
戦前に見ておかなきゃいけないでしょうね。
ベイを愛するベイ愛な皆さんも、
さぞかし苦痛じゃないかと思われる時期なんですが、
決して最後まで諦めることなく、前向きに戦いましょう。
正々堂々試合に臨み、みずから決戦への扉を開くべし!
ですよ。こちらにて!

第10節は、
7月26日(日)19時キックオフ、
東京朝鮮中高級学校グラウンドです。

[PR]
by tbfcinside | 2009-07-21 23:59 | お知らせ
東京都1部リーグ プログレッソ東京戦
裏広報、今日の出がけに、
ふだん会うことのない人から道で出し抜けに、
「暑いですねえ」と声をかけられ、実はその人、
会えた時にはお祝いを言う必要のある方だったんですが、
あまりに思いも寄らないタイミングで、
「た、たしかに暑いすね…」とか、もごもご…、
結局何も言い出せず、急いでたこともあって、
すれ違っただけで終わってしまったのでした。

と、出がけのそれに始まって、何というか、
“思いも寄らないこと”ばかりの1日でした…

今日の会場は、かつてJFLを熱心に見てたことがあるので、
個人的には非常に懐かしの、夢の島競技場だったんですが、
11時キックオフの30分前になっても、いや、
15分前になっても、相手側の人間が誰も来ない!
追々判明したところでは、
どうも“11時”を“1時”と間違えたらしいのですが、
そんなことってあるんですねぇ@苦笑。
とにかく、本来なら11時の時点で没収試合
(レギュレーションでは5-0)という、
初めての体験となるはずだったのですが、
これまた思いも寄らない展開からキックオフの時間がずらされ、
11時20分近くに試合が始まりました。
c0194736_0595867.gif
ゲームに入ったら入ったでさらに驚くことに、
いつもはスロースターター@苦笑のベイが、
息を呑むほどに素晴らしい出来!
パスはバシバシ繋げるわ、ボールは絶対取られないわ、
向こうがハジいた後のセカンドもほとんど拾っているわ…、
そんな中で11分、田中選手の、
ため息の出るような先制点がネットに吸い込まれ、
続いて35分には、やはり田中選手シュートのこぼれ球を、
好調の沖本選手がよく詰めてボレーで叩き込み、
まさに思いも寄らない完璧な流れで、
前半を終えようとしていました。
ロス・タイムに思いも寄らない形で失点するまでは。

そして、後半は省いてしまいますが、
思いも寄らない敗戦。←中、飛ばし過ぎか。
まぁ結果的には、魔の2点差、でもあったわけですが。
c0194736_13190.gif
本当に、何というか、
“思いも寄らないこと”ばかり起こった1日でしたね…
終了です。

今日の一言:「典型的な負けパターンの展開だからな。締めていけよ」(ハーフタイム時のミーティングで監督、注意を喚起)

都1部リーグ第8節
東京ベイFC 2-3 プログレッソ東京
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-20 21:33 | リーグ戦
東京都フットサルリーグ 2009年
東京都フットサルリーグの3部に所属する、
TBFCのフットサル部、「フットサル東京ベイ」。
ようやく、というか、2009年シーズンのリーグ戦が、
いよいよ今日開幕する、ということで、
裏広報、昨シーズンの最終戦にて、
「もっと気合い入れて応援に」とカツを入れた手前もあり@笑、
さっそく気合いを入れて@油断するとすぐ抜けるんですが@苦笑、
会場の府中体育館第2へ行ってきました。
c0194736_0394373.gif
相手は昨季、
ベイがいた組とは別組の3部リーグで3位だったという、
古豪・府中アスレティックFCのサテライト。
さすが伝統ある名門チームだけに、
ベンチには元日本代表がコーチとして座っていましたし、
相手にとって不足はなし、どころか、若手とはいえ、
胸を貸してもらうような感じでしょうか。
c0194736_11619.gif
結果は1-7。
スコアだけ見るなら確かに思い切り胸借り?だったような…@涙。
ただし、後半に限っていえば1-2の接戦。
また、たとえば前半も、向こうが5ファウル重ねるほど、
ガツガツ来たことを考えると(ウチのファウルは0)、
ゲームへの入り方等、修正の余地はいろいろありそうです。

何せまだ第1節が終了したばかりなんで、
これからですね。
1戦ごとにチーム力を上げていってもらいましょう。

今日の一言:「やっぱ入り方が良くなかったよなぁ…」(トップチーム主将)
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-19 14:58 | フットサル
東京都社会人1部リーグ 第9節に向けて
そろそろかな…と思って見に行ったら、
期待に違わずちゃんとアップされてましたね情報室。
いーかげんですぐ期待に違うベイウラの裏に(表に?)、
こういう緻密なサイトがあってこそ、
ベイの次戦への興味がさらに増すってもんです。
何でお前が言ってんだ?ですが。

ともかく前節の“「決定力=個人能力」の差”分析も、
結構鋭いところを突いてたわけですが、
となれば言うまでもなく、
今節の注意ポイントについても要チェックです。
どうぞこちらへ。

第9節は、
7月20日(月・祝)11時キックオフ、夢の島競技場です。
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-14 11:11 | お知らせ
東京都1部リーグ 青梅FC戦
青梅FCといえば、
ベイウラの人気カテゴリ@自称、「リタベイ」でも、
最多回数…2回ですが、登場している因縁の相手。
しかも、いつも1点差のシビアな闘いになるので、
ここしばらく勝ちから遠ざかっている今ぶつかるのは、
正直言ってキツイ@苦笑。…と、
そんなことも言ってられないんで、
かなり気合いを入れて会場入りしたのですが…

やっぱりハードな試合
になってしまったのでした@苦笑。
c0194736_1132288.gif
前節、今節と、
とにかく苦戦の原因(の1つ)は割にハッキリしていて、
その原因のまた原因も、試合後、個人的には判明したのですが、
そこが足枷のようになって少しずつリズムが悪くなっていき、
内山選手や、今回FWに入った阿部選手にも、
決定機は訪れるものの、あと一歩のところで得点に至らず。
まぁ相手だって調子が良さそうには全く見えないのですが、
セット・プレー時の高さに脅かされるなど
流れを自分たちのものにできないまま、
後半、絵に書いたような間の悪さで失点。
正直、前節の悪夢が頭をよぎりました。

ただ、大幅に変更されていたゲーム・プランの意図が、
ようやくつながり出したのと、
ポジション・チェンジの細かい指示が徐々に奏功し、
後半25分すぎ、沖本選手のコントロールの効いた、
美しい軌道のシュートで同点。
さらに、加藤選手のCKから、GKが弾いたボールを、
川上選手が頭ですらせ?@自称(@笑)、
ちょうど待ち構えていた森田選手のヘディングがズドン。
ついに逆転!
残り時間も少なく、これで勝ったぞと思ったのですが…

試合終了直前、再び相手に、
ゴールラインを割ったか割らないか@苦笑の所まで肉薄され、
やっぱり冷や汗
を滝のようにかいてしまったのでした@苦笑。
c0194736_11383335.gif
それでも勝利の味は格別。
2か月ぶり!だっただけに余計に素晴らしく@喜、
次の試合に向けての修正点も多々あったとはいえ、
選手たちの笑顔が非常に印象的でした。

今日の一言:試合終了直後「これで(悪い)リズムが変わったんで、もう大丈夫ですよ」(ゲーム中、よく声の出ていた望月選手)

都1部リーグ第8節
東京ベイFC 2-1 青梅フットボールクラブ
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-12 23:11 | リーグ戦
東京都社会人1部リーグ 第8節に向けて
「しびれを切らしたほうが勝利を逃すぞ!」という、
まるで予言書のような文末の注意書きが、
不幸なことに的中してしまった感もある(涙)、
前節の情報室だったんですが、今節分もさっそく、
ポイントを押さえた分析情報がアップされています。
今回の鍵は、「あえて言えば」、
「決定力=個人能力」の差、とのこと…。
いずれにしろ、同じテツを2度と踏まないためにも、
充分なリサーチをこちらで。

第8節は、
7月12日(日)16時30分キックオフ、
駒沢補助球技場です。

[PR]
by tbfcinside | 2009-07-06 23:46 | お知らせ
東京都1部リーグ アストラ倶楽部戦
後半。加藤選手の精度の高い右CKを、
フリーになって頭で叩き込んだ川上選手の得点には、
先制されたすぐ後という時間帯もあって、
非常にシビレたんですが、
もう1本、
戸田選手の右のFKだったか、
やはり素晴らしい精度で川上選手の頭に、
ピタッと合った場面があったんですよね。
なぜだかやり直しにされちゃったんですが…@苦笑。
あれは完全に入ってましたねぇ。
残念だった、なんてもんじゃなくて。

シビれたといえば、
前半最初の敵のシュートを、ギリギリまで我慢して飛んで、
右手でハジいたGK小島選手のセーヴィング、
あるいは後半の終盤、前がかりになった味方の後方で、
鬼神のごとく最後の砦になっていた、
鈴木選手や望月選手にも、ビリビリきてました@笑。

ということで、
“こういう試合結果になった要因”についての考えは、
選手を含め、各人いろいろあると思いますし、
言いたいこともいろいろあると思います。
(裏広報的には、試合間隔が空くってのは、
やっぱ良し悪しあるなぁ…と素人考えしてたり@笑)
ただ、次節はもう1週間後に迫っていますし、
ここは、あんなこともそんなことも含め、
“フットボール”なんだと整理をつけて、
切り替えていきましょうぜ皆さん。
誰にとっても真価が問われるのは、
まさにこういう時なんじゃないでしょうかね。
c0194736_139187.gif
なんて偉そうに書きつつ、
裏広報が一番へこんでると言われましたが、
それは見せかけだけで、油断させてるわけなので、
ま、適度に引っかかってやってください@苦笑。

今日の一言:「勝つ時もあれば負ける時もある」(監督)

都1部リーグ第7節
東京ベイFC 1-2 アストラ倶楽部
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-05 23:55 | リーグ戦