現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


カテゴリ:その他公式試合( 11 )
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ リクルートFC戦
今日はトップ・チームとU-18と、公式戦が2試合もある、
ベイ好きには夢の(?)1日だったので、2部構成でお送りします。
…っても、当ブログの作り的に、
先に書いた記事の方が下になってしまうため、
2部構成っぽく見えないところが難といえば難かと@笑。

まぁあんまり気にしないで、まずはトップ・チームの今季初公式戦。
このところなぜかさっぱりいい思い出のない@苦笑、
東京カップの初戦ですが、
久しぶりに我らがホームの大井第一球技場へ行って来ました。
c0194736_22322556.gif
12時半の予定から少し回ってキック・オフ。
相手チームはプレース・キックが強力で、
実際ゲームの中でもやられてしまったんですが、
先制はベイでした。
30分、新加入・斉藤選手が絶妙のトラップから、
落ち着き払ってゴール左隅にシュートを決め、
あぁこりゃいい展開だぞ、
と、思った矢先の2分後に、
CKからヘディングでズドンと食らいました@あ痛たたた。

後半は、何のせいとは言いませんが、
ゲームが少なからず荒れてしまい
そんな中、再び自分たちのミスからやはり30分すぎに、
決勝点を文字通り献上@とほほ。
その後も挽回ができないまま、
今年もいい思い出作りはかないませんでした@涙。
c0194736_22332899.gif
まぁ始動間もないチームで、連繋面云々はこれからですし、
東京カップ初戦敗退でも、
1年を通してはいい成績を収めたシーズンもあるので、
大して気にしてませんが、気にしてませんが、
気にしてませんが、気にしてませんが@笑、
今季も決して甘くはないぞを、
まさしく実感させる敗戦でした。
裏広報も心して、2度目の2部ライフを、
エンジョイ♪したいと思っています@←全然心してない。

◇今日の一言:「マジでものすごく疲れた…」(今日に限り慣れないポジションを務めていた田原選手)
[PR]
by tbfcinside | 2012-02-12 15:00 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ FC・フエンテ東久留米戦
いよいよ今年の公式戦が始まりました!
…ということで、そりゃあもう、
ベイの試合が1分1秒たりとも待ちきれない裏広報、
会場最寄りのバス停からスタジアムまで全速でダーッシュ!、
いや、決して遅刻したってわけじゃなくてですね@笑、
それぐらい意気込んで、というか、
本当に全速ダッシュなんかしたら過労死するんで@笑、
とにかく、湾岸ホームの大井第二球技場へ駆け込みました。

…で、息も絶え絶えになりながら、
客席で選手の到着を待ってたんですが、
5人ぐらいまで集まってから、後は何分経っても人数が増えない。
ん…おかしい…
ついにはキックオフ予定1時間前になり、なのに5人状態動かず。
おいおい、大丈夫なのか…?
内心動揺を隠し切れないままとりあえず更衣室へ向かったところ、

みんないました@笑。直接そっちに来た模様。チャンチャン。
チャンチャンじゃねえよ@苦笑。

…ということで、全員着替えた後、アップも通常通りに済ませて、
人数的には若干タイトではあるものの、
顔ぶれ的にはいつものメンツで今季最初の試合に臨みました。
その中で唯一初登場だったのが榎本選手。
連繋の不安視など何のその、全く問題のない球さばきで、
それどころかベイの先制点は、
彼の細かいパスによる崩しから生まれたものであり、
今シーズンの期待の1人であることは間違いありません。
そんないい感じで前半は1-0で折り返しました。
c0194736_222621.gif
後半は開始早々に、
自分たちのミスから決定的な場面を作られてしまい、
慌てて相手を倒してPKと、まさに絶体絶命の場面でしたが、
ここはGK住谷選手がファイン・セーヴで踏ん張る。
さらにその直後、今度は加藤選手の見事なループが決まるなど、
そこまでは、流れとしてもホント申し分のない展開でした。
全員の足が止まり始める“そこまでは”だったわけですが…@苦笑。

まあ、どこが悪かったのかの意見交換は、
選手同士キチッと行われていたようなので、
あとは気分を一新して、
開幕が近づいているリーグ戦に全力を注いでいきましょう。

とはいえ思い出してみれば、
一昨年もこういうオープニングだったような…@苦笑。
c0194736_203589.gif
今日の一言:「(交替時すでに防戦一方の状況だったので)僕も入って5分ぐらいで足が止まっちゃいましたよ」(途中交替の阿部選手)

東京ベイFC 2-3 FC・フエンテ東久留米
[PR]
by tbfcinside | 2011-02-27 16:16 | その他公式試合
東京都社会人1部カップ戦 東京教員戦
3週間のゴブサタです。
皆さん、昇格大失敗の痛手から立ち直られたでしょうか?@笑。
いまだ傷が癒えない人も、
裏広報のように“切り替え早っ!”なバ〇も、
もう次が始まりましたよ、次。

今日は、この季節にはおなじみ1部のカップ戦初戦があり、
チームは会場である四ッ谷の上智大グラウンドに、
久しぶりに集結しました。
そう、集結しました…
というはずだったんですが、なぜかちっとばかし頭数が足らず@苦笑。
結局、試合前のセレモニーは下写真の通りです。
いや、人数がささやかだったことより、裏広報、
カメラのことをまるまる忘れて会場入りしていた方がショックで@恥、
写メ撮影という広報の風上にも置けない所業、どうもすみません。
c0194736_21392142.jpg
というような広報話はたぶんどっちでもいいと思うので、
肝心の試合です。正午前にキック・オフの笛が鳴りました。
相手は東京教員。
リーグ戦こそ勝っていますが、あの時も結構薄氷の勝利で、
となれば人数が足りないとなるとさすがにどうにかできるわけもなく、
徐々に押し込まれ始めます。
それでも全員守備でのらりくらりと@笑、よく守り倒し、
向こうも次第にイライラし出してはいたんですが、
30分すぎに左サイドを崩されてついに失点。
以後、劣勢の中、
町田選手と松下選手の2騎だけで、
あわやというカウンターを繰り出し意地を見せたりもしたものの、
0-4という結果で終了しました。
c0194736_2245750.jpg
もっとも、今日の敗因も、
いや、敗因というほど大仰なものでもないんですが、
選手、スタッフ一同わかりすぎるほどわかっていて、
それを大きな糧、あるいは反面教師とすることで、
来季を実り豊かなものにしていきたいと心から思っています。
…と、裏広報がたまーにマジメに話しても、
説得力まるでないみたいに言われるんですが、なぜだ?
とにかく来季もよろしくお願いいたします。

今日のまとめ:「今年は本当にキビしいシーズンでしたが、いろいろ応援していただいたことが自分たちの大きな励みになりました。ありがとうございました!」(主将:森田選手)

都1部カップ戦・第1戦
東京ベイFC 0-4 東京教員クラブ
[PR]
by tbfcinside | 2010-10-24 15:33 | その他公式試合
全国社会人サッカー選手権大会関東予選 東邦チタニウム(株)サッカー部戦
タイトル長すぎる?@苦笑…はともかく、
ここへきて日程ひと段落、といった感じで、
またしばらく間があくリーグ戦の合間を縫って、
去年はなぜか出られなかった@苦笑、“全社”の関東予選が行われ、
裏広報も会場の保土ヶ谷へと行ってきました。
相手は元JFL、現在も関東リーグ2部の3位をキープと好調な、
格上・東邦チタニウム・サッカー部。
とはいえあくまで個人的には、ですが、
地元をあまり出たことない、地元仕方なく密着型の裏広報、
まだ見ぬ山口県に行ってみたくて、勝つ気マンマンでした@笑。

その上、否が応にもテンションを上げてくれるのが、
ふだんそんな所では蹴ることができない、天然芝のグラウンド。
まさに極上のヴェルヴェットな芝の美しさで@笑、
時には人間様より芝の方が大切なのでは、と、
感じるぐらいな扱いの違いに、ついシットを覚えてしまったりも。
いやもちろん、芝様の方がはるかに大切なのは、
言うまでもなく承知しておる次第でありますが。
c0194736_1956837.gif
ではもう何も問題なくゲームに入れたかというと、
そこでベイを襲う三重苦?@笑。
まず、テンションがアゲアゲになったところで、
先行の坂戸シティ-Y.S.C.C.戦が延長→PKまでもつれ込み、
キックオフの時間が30分ずれるという肩すかし。
また、ただ立ってるだけでも汗が噴き出してくる、
日中、蒸し暑さのピークでのキック・オフ。
そして、まるで一昨年のゼルビア戦を思い起こさせる@苦笑、
替えなく、しかも配置に思い切りが求められるメンバー構成。
もっとも、三重苦のうち二重苦は、
相手だって同じ条件、とも言えますが@笑、
ベイにとっては試練の状況に変わりなく、
それでも前半は、どうにか粘り強くしのぎ切り、
スコアレスで折り返しました。さぁニッポンの戦いはこれからだ!
c0194736_19572594.gif

ま、後半はさすがに運動量がめっきりと落ち、
終わってみれば4失点。とりわけ総合力の差を、
改めて感じさせる、厳しい結果となりました。
ただ、取られた点の倍以上好守を見せ、
相手に驚きすら与えていたGK庄山選手の活躍や、
加藤主将を先頭に、あるところまで浸透していた、
ポジティブな声のかけ合いなど収穫もあり、
選手には、過酷な条件の下、いい経験になったと思います。
裏広報には、すでに“ふく”のお腹になっているのを、
どうにかしてほしいんですが@苦。

今日の一言:「負けるとよけい疲れる」(試合後の移動時に松下選手。確かにそうだ@苦笑)

全国社会人サッカー選手権大会関東予選
東京ベイFC 0-4 東邦チタニウム株式会社サッカー部
[PR]
by tbfcinside | 2010-07-04 17:35 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ エリースフットボールクラブ東京戦
西が丘行きを決める、前の試合のPK戦で、
直接スタンドに飛び込む見事なキックを披露して、
味方のみならず敵までをも呆然とさせた豪傑さんこそが、
我らが湾岸の赤壁、川上選手だったのですが、
今日、裏広報が耳にしたところでは、PK後の川上選手、
「悔いはない、悔いはない」と唱えていたそうです@大笑。
ソレで負けてたら、みんなはかなり“悔い”だったんですが…

ともあれ当初の第1目標は達成し、
とうとうここまでやってきた聖地・西が丘。
心配されていた暴風雨も早朝に終了して、
午前中には晴れ間がのぞき、
コンディションとしてはもうほとんど申し分なし…だったんですが、
結果としては少し“悔い”が残るゲームになってしまいました。
c0194736_22492980.gif
というか、今回は緩めの、川上選手天然ネタで始めてみたんですが、
試合開始10分足らずでのあの笛は、
ちょっとキツすぎませんでしたかねぇ…
結局、PKで出鼻を挫かれて、その動揺が、
さらに20分後の失点につながってしまったような気がします。

もっとも、DF陣+ボランチ望月選手の踏ん張りと、
ケガまでして体を張ったGK正岡選手、
急遽交替したにもかかわらず安定感を見せたGK庄山選手の頑張り、
さらには相手の相当な数のシュート・ミスにも助けられて、
それ以上の失点は許さず、
逆にチャンスはそこそこ作れていて、
“1点取ればわからない“状況が続きました。
にもかかわらず得点できなかった…のが、
「少し“悔い”が残る」ところだったりするのかも。
これまで2戦2敗の格上チームで、“絶対”とは言えないまでも、
勝てる可能性も十分にあった試合じゃなかったかと。
もちろん裏広報なんで、
そりゃあひいき目バリバリなんですが@笑。
c0194736_22505294.gif
ただ、去年の何も言えない1回戦負けを修正し、
ケガ人を出しながら、
ここまでコマを進めて来たのもチームの成果。
振り返るべき点は振り返りつつも、頭は切り換えて、
間近に迫ったリーグ戦の開幕に備えたいと思います。

今日の一言:「あー、あのシュートは決めたかったわぁ…。夢に出てきそうっすよ」(松下岡選手)

東京都リーグ1部カップ戦・2次戦
東京ベイFC 0-2 エリースフットボールクラブ東京
[PR]
by tbfcinside | 2010-03-21 17:15 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 東京消防庁戦
いやー、何というか。
↑…なんて書き出しで始まるレポート、てのも、
フツーあり得ないんですが@苦笑。
“劇的”という意味では、1試合前のCERVEZA戦にも、
匹敵するか、もしかして少し上回るかぐらいの凄さだったのかも。
とにかく、めったに見られないモノを見せてもらいました。
c0194736_022229.gif
…ということで、コンディション的には不安の残る、というか、
下ボコボコの駒沢陸上競技場でのゲーム、
ここんとこ怠慢カマしてた裏広報的にも、
今季初の生(ナマ)ベイだったわけなんですが、
前半は期待の両FWが炸裂、
松下選手がいいポジション取りからサクッと先制し、
謎のPKで追いつかれた後も、
加藤選手のFKから町田→松下と頭でつないで突き放すという、
時間も終了間際と、ほぼ理想の試合展開でした。

ところが後半は一転、
同点を許したばかりでなく、
町田選手が負傷で交代、
悪い流れのまま2-2で終了し、PK戦へと突入した時は、
去年の東京カップの嫌な思い出が、正直脳裏をよぎりました。
…と書きつつ、でも後から思えば、
ここからがショー・タイムだったんだよねぇ、真打ちの@笑。
GK正岡選手。最初こそあらぬ方向に跳んでたものの、
フル回転して急速に焦点を合わせ、
圧巻だったのがサドンデス後の絶体絶命機。
素晴らしい読みとセーヴで2度の大ピンチを救い、
11人目のPKは自ら遠藤ばりのコロコロをゴール隅に決めた挙げ句、
ラストは、反対に飛んでしまって、
誰しも“あ、やられた”と思った相手GKのキックを、
横に飛んだ体勢から何と宙に浮いた右足で弾き、
長い戦いに終止符を打ったのでした。
c0194736_03309.gif
それにしてもホント2試合連続で、
そんな手に汗握りまくりのゲームを見せてしまうとは…
確かにベイは、そういう信じられないような展開に、
見ていて出くわす可能性の高いチームではあるんですが、
ハッキリ言って、心臓に悪い@笑。
もちろん、ファンに大きなカタルシスを与えることでは、
プロ以上に「わかってる」チームなのかもしれません。
…というか、どんなチームだよ@笑。
裏広報、ひとしきりジェット・コースターが収まった後は、
ぐったりしてしまいましたとさ。

さあ来週は、
みんなで聖地へ行きましょうぜ!

今日の一言:PK戦を振り返り「最初(読みが全然合わなくて)どうしようかと思いましたよ」(なんて言いながら今日おいしいところを全部持っていったMVP正岡選手)

東京都リーグ1部カップ戦・1次戦Bブロック決勝
東京ベイFC 2-2(PK7-6) 東京消防庁
[PR]
by tbfcinside | 2010-03-14 17:55 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ CERVEZA FC 東京戦
今日も裏広報、チームに魂だけ帯同して戦ってきました。
平たく言うと、
体の方はまたしても帯同できなかったのですが、
それはまぁバレンタインなので、
チョコで身動きが取れなくなるのはもう致し方なく@?
もっともチームはそんなこと一切お構いなしに、
勝って5回戦進出を決めました。

とはいえ試合の方は、
木曜日とは違ってかなり緊迫したようで、
CKからフリーでヘディング・シュートを打たれる、
危機一髪のシーンもあったとのこと。
(辛くもゴールの枠を外れてくれた)
それでもロス・タイムになり、
FW陣、特に内山選手の本領が発揮された決勝弾が、
敵ゴール・キーパーを突き破ったそうで、
そこらへんの勝負強さは、
昨年より確実にアップしているのではないかと。
また、何だかんだ言いつつ、
今日も無失点でしのぎ切った守備陣にも、
大いに期待が寄せられるところです。

次戦はようやく@苦笑、23区内に帰ってこれるので、
現在のいいコンディションをさらに上げて、
ガッチリ勝利をモノにしたいと思います。

東京ベイFC 1-0 CERVEZA FC 東京
[PR]
by tbfcinside | 2010-02-14 22:20 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 目黒FC戦
いよいよ今年の公式戦が始まりました!
…ということで、
去年と同じ始まりにしてみましたが@笑、
今年も初戦の会場はあきる野市でした。
裏広報、今年は行けなかったんですが…@泣。
(行き着けなかった…?)

それでも、聞くところによれば、
去年とは大違いの大勝でのスタート。
特に、今年UNITEDからトップチームに再昇格した松下選手と、
昨シーズンはもうひとつ本領を発揮し切れなかった内山選手が、
それぞれ5得点、3得点と、大活躍だったそうです。
(内山選手がGKと1体1になってから、
落ち着き払って決めたシュートなど、裏広報も見たかった…)

さらにポイントは、
守備の方でも、DF陣を中心に最後まで集中を切らさず、
きちんと零封して終えたこと。
いつものポジションじゃない選手もいたみたいなんですが、
そこはポリバレント、
歯ぐきと入れ歯の間の微妙な隙間を埋め、入れ歯を安定させ…じゃなくて、
敵とゴールの間の微妙な隙間を埋め、
守備ブロックを安定させ、
与えられたタスクを見事こなしてくれた模様です。

となれば、この調子で次の4回戦も、
しっかりトッパしてもらいましょう!
会場は(少しキックオフの時間が遅くなってるとはいえ)、
またあきる野なんですが@苦笑。いじめか?

東京ベイFC 10-0 目黒フットボールクラブ
[PR]
by tbfcinside | 2010-02-11 13:00 | その他公式試合
東京都社会人1部カップ戦 東京海上日動サッカー部戦
今日は、トップチームとフットサル東京ベイ、
どちらも重要な試合だったものの、
日程が不運にもまるまる被ってしまい、
(キックオフも14時と14時35分)
裏広報、身体が2つないので、かなり懊悩、…ってほど、
悩んだりするようなタイプじゃあないですね、すまん@苦笑、
ではそれならと、トーナメントのため負ければ今シーズンの、
公式戦がすべて終了という、カップ戦の方を盛り上げに、
もはやすっかりおなじみセレブな?、八王子の、
東京東京海上日動多摩グラウンドへ行ってきました。

ところで今日の相手チーム、
何でも会社で例のインフルが流行中とのことで、
人数がギリギリだった模様なんですが、
悪魔の裏広報が“しめしめ”@笑、
…と思う間もなく、ゲーム前のウォーミング・アップで、
こちらも某GKが、何と決して軽くない負傷をしてしまい、
ホントはすぐにでも帰って処置させたいところ、
最悪立ってるだけでもいいからと言い含めて…@泣。
c0194736_18583879.gif
ということで、
お互い手傷を負いながらのキックオフだったんですが、
始まってみたら不思議と締まったゲームに。
特に前半は、DF陣の安定感がハンパなく素晴らしかったり、
初めてコンビを組んだボランチ陣が、
さりげなくも攻守ともに効きまくっていたり。
さらには、動かずに強面で脅す作戦?@笑の某GKも、
ついついファイン・セーヴをしてしまったり、
十分見ごたえのある内容。

後半頭に、
あれをされちゃあ今日はキビシイ、の失点こそしたものの、
直後に、左でつないだボールを内山選手が相手を引きつけてから、
中央に戻し、走り込んだ森田選手がタイミングを見てミドル!
惜しくもバーに当たって跳ね返ったところに、
詰めてた熊谷選手がヘッドでズバン!
…はあと1歩のところで浮いてしまったんですが、
そういうあわやのチャンスも何度かあり、
結果的にはカウンターでトドメを刺されてしまったんですが、
来季につながる戦いを見せてくれたと思います。
まぁ、チャンスを確実に決めて相手を突き放す…ことが、
なかなか完璧にできなかったという課題も、
今シーズンのウチを象徴していたと言えますが…
c0194736_19382296.gif
いずれにせよ来年は、少なくともセレブなチームには、
1敗もしないよう、湾岸の意地を示したいと思っています、
いや、個人的にビンボーだから言ってるんじゃないですよ@涙。

今日の一言:「(普通なら痛みが薄れるところ)時間が経つにつれて痛くなってくるんですよ」(某正岡選手)

東京都リーグ1部カップ戦・第1戦
東京ベイFC 0-2 東京海上日動火災保険(株)サッカー部
[PR]
by tbfcinside | 2009-10-24 16:33 | その他公式試合
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 鶴牧SC戦
いよいよ今年の公式戦が始まりました! 
…ということで、
この前の多摩キャンパスよりさらに奥東京?のあきる野市に、
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)1次戦の、
対鶴牧SC戦を見に行ってきました。初めて行きました秋川!
って、別にピクニック気分だったわけでもないんですが@苦笑

試合前、裏広報的には、
土のグラウンドの泥々さ加減(明け方にいったん凍ってたのが、
陽の光で溶け出して全面べちょべちょになっていた)に、
おいおいこれは…と思っていたのですが、
選手たちは「カチカチに固いよりはいいんじゃない」と、
余り意に介さない様子で、さすが頼もしい限り@笑
実際、ほとんど地面が乾かないままキックオフを迎えたのですが、
特にボール運びに苦労している風でもなく、
前半はプラン通り、そして我々クルーの期待通りの、
ゲームを展開してくれました。
c0194736_2238470.gif

後半も立ち上がりはペースを変えず、
ましてや油断してたなんてことは絶対になかったのですが、
そこが好事魔多しってことなんでしょうか…、
前半のような調子が素晴らしい時にこそ、
改めてチームの意識・考えを、1つにしていなければ、
いけなかったんでしょうねぇ…結果論ですが。
繰り返し訪れた決定機を、もう1歩のところで外しているうちに、
徐々に流れが変わり、片やリスク管理にも隙を作って、
結果、悪いことが全て重なる状況に陥ってしまいました。
フットボールの神様は、
手を尽くしていないチームには断じて甘くないです@涙。
c0194736_23295879.gif
まぁ終わったことなので、もうぐだぐだ引きずりませんが、
この悔しすぎる出だしを、後に笑い話にできるよう、
リーグ戦に向かってチーム力を上げていってほしいです。
前半の戦いでもわかるように、
ポテンシャルは誰が見ても間違いなく高いのですから!
…とか力説しつつも、
実は、あまりに想像外の結果に茫然としてて、
更新が1日遅れてしまったことをお詫び申し上げる次第。
裏広報メンタル弱いのでショック与えないで下さい@苦笑

◇今日の一言:(ハーフタイム時)「あの(戸田選手の)FK凄かったよね!時が止まったかと思ったよ」(小林(雄)選手)

東京ベイFC 2-2 鶴牧SC(PK戦 2-4)
[PR]
by tbfcinside | 2009-02-23 02:23 | その他公式試合