現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


カテゴリ:リタベイ( 5 )
リタベイ5 1部リーグ 青梅FC・DIEGO戦
リタベイを続けてると、
何か昨シーズンのベイは勝ってばかりで、
もしかして優勝したんじゃなかったっけ?と、
思ったりもするんですけどね@←もしかしてバカ?

…ということで、第5回もハデな勝ち試合@笑、
10節の青梅FC・DIEGO戦です。
(6月15日 朝鮮高校グラウンド)
ん、そこ!節がずいぶん飛んでるとか言わないように@苦笑。
c0194736_22435766.gif
この日は早めの時間帯に、加藤選手の左から蹴ったCKが、
誰も触らずそのままゴールに入って先制。
何というラッキー、いやスーパーCK!@笑。
さらに加藤選手は、右サイドで田中選手が、
相手の囲みから見事抜け出して出したマイナスのパスに、
走り込みながら合わせて中押しも。
前半は申し分のない展開。

…だったんですが、後半開始早々、
あーあ、という間もないぐらいに呆気なく失点。
続いてボールを回され、球際に行くのが甘いかな、と思ってたら、
同じようなやられ方でまさかの同点に。
ん?どっかで聞いたことのあるゲーム展開だな、
しかもそれって、ついこないだのことだったような…@苦笑。

とまぁ、実際かなり青くなりかかったんですが、
ここでこの日のポイントとなるプレーが。
同点後すぐ、センターサークル先の右サイドで、
カウンター気味の早いパスを受け取った田中選手。
すかさず鬼神のドリブルを開始し、迷うことなくDFを抜き、
GKと斜めに1対1の形になる。

で、そこから凄かったのが、
GKと彼の位置を結ぶ直線から45度縦の方向
(GKからすれば左)にわずかばかりにボールを持ち出し、
釣られてGKの重心が左に移った瞬間に、
湾岸のエースの右足が一閃、
重心移動とは逆の右足側を抜いて、
ボールをサイド・ネットに突き刺したのでした。ぶるる。

その後、戸田選手のCKから、
この日何試合ぶりかに試合前の握手を交わした森田選手が、
右、左、と足技を使って?のダメ押し。
まぁ敵のきれいなシュートがバーに当たったりと、
ツキもあって、勝利を収めたのでした。
というか、こないだもそういう結末だと良かったのに…

◇あの日の一言:「やっぱあそこ(同点にされた後の加点)が今日のヤマだったよね」(田中選手自分自身振り返って)

東京ベイFC 4-2 青梅FC・DIEGO
[PR]
by tbfcinside | 2009-03-12 02:48 | リタベイ
リタベイ4 1部リーグ アストラ倶楽部戦
昨シーズンのベイの戦いには、
やはり予期せぬハプニングもいろいろあったのですが、
その1つがDF川上選手のケガ。
空中戦にめっぽう強い彼の離脱が、
結果的には少なからず痛手になりました。
(チームはそれによっていろいろ学習もしましたが…)
リタベイ4回目は、その不在の初戦となった第6節の、
アストラ倶楽部戦です(5月19日 朝鮮高校グラウンド)。

試合前。
ディフェンダーの面々はさすがに危機感を持って、
監督と綿密にミーティングをしています。
片やこちらも細々と打ち合わせ中のFWな人たち@同じ大学出身。
c0194736_2144755.gif
実はこの日はもう1つ“初”があって、
鏑木選手、ベイ初出場の日でもありました。
ということで、裏広報、話しかけられる選手がいなくて、
いつも陽気な加藤選手にムリクリ握手をさせながら、
「今日、一番の期待株だからね」「ホントっすかー?」
ほんとっすー@笑。
c0194736_21515424.gif
さて試合は、正直どちらに転ぶかわからない展開だったのですが、
この日急造SBの阿部選手が踏ん張ったのと、
やはり急造CBの吉岡選手が手堅く穴を作らなかったのとで、
スコアレスのまま勝負の後半へ。

で、後半最初のCK、確か…@苦笑。
戸田選手の素晴らしいボールを、
ニアに入った田中選手が右足でドンピシャに合わせて先制。

次いで、相手が前がかりになってきたところを、
握手した今日一番の期待株が左からスルスルっと抜け出して、
そのまま左足を一閃!
キチッとコースをついたボールが、
右のサイドネットにキレイに吸い込まれました。
ほらね。ほらねって何だよ@笑。

終わってみればゲーム・プラン通り、守備陣も零封の勝利。
1つ前の試合で完敗を喫してただけに、誰もが上機嫌でした。

◇あの日の一言:「来週(の試合も)また来ますんで」(惜しい場面もいくつか作ってた鏑木選手が力強く)

東京ベイFC 2-0 アストラ倶楽部
[PR]
by tbfcinside | 2009-02-19 16:16 | リタベイ
リタベイ3 1部リーグ 東京23SC戦 
昨年のベイの戦いで印象的な試合は数多くあったのですが、
というか、くっついて行ってる応援団にとっては、
どの試合もたいてい印象的なんですが@笑、
勝ち試合の中で1、2位を争うのは、
やはりこの東京23SC戦だったかと。
(5月25日 東京朝鮮高校)
上位へ食い込んでいくために取りこぼしができないプレッシャーと、
当日昼まで降っていた雨による、
超重馬場のグラウンドに苦しんだゲームでした。
c0194736_12344384.gif
苦戦にはよくあるパターンで、立ち上がりに、
コースをついたミドルを食らって先に失点。
湾岸のエース、田中選手の、
相手GKの完全逆を取った理知的なシュート右隅で、
すぐ追いついたものの、
与えなくてもいいFKから強烈な一撃を浴び、
GK小島選手がいったんはセーヴしてくれたんですが、
弾いたボールがバーに当たって跳ね返ったところを、
押し込まれ、またも1点を追う展開になって前半は終了。
c0194736_12403886.gif
後半も思うように調子が上がらず、
何となくいや~な空気が流れ始めた時に、
センターサークル近くでボールを受けた田中選手が、
相手GKが前に出気味なのを瞬時に読んで、唐突にループ。
それがもう、見たこともないような美しい軌跡を描いて、
GKの頭上を越え、ゆっくりネットに吸い込まれていったのでした。
いや、“見たこともないような美しい軌跡”と書きましたが、
ループはエースの十八番なんで何回か見てます@笑。

さらにロス・タイム寸前。
戸田選手のCKに鈴木選手が合わせた球を、
CBの森田選手が見事頭で押し込んで逆転!
観客席は逆転時恒例の大フィーヴァー状態でした@笑。
終始手に汗握り続けていただけに、
タイム・アップの笛が鳴った後の解放感は格別で、
やっぱりサポーター(ベイ用語では“クルー”)というのは、
ある種マゾ性がないとやっていけないのかも@苦笑。
今年も多くなくてはいいけど、そういうゲームも見たいと思ってたり…

◇あの日の一言:「マルコさん言った通り点取っちゃいましたよー」(森田選手/当時、裏広報はその日の得点者を予言する握手をして次々的中させていた、まぐれで@笑)

東京ベイFC 3-2 東京23SC
[PR]
by tbfcinside | 2009-02-07 12:11 | リタベイ
リタベイ第2回 東京都チャンピオンシップ 青梅FC戦
さて、リタベイ第2回は青梅FC続きです。
昨シーズン、ベイが複数回試合をしたのは、
この青梅FCさんとチームDiegoさんの2チームで、
1部リーグには他に青梅FC・Diegoさんというチームもあって、
数学の“集合”とか弱いんで、マジで混乱するんですが@笑、
青梅FCさんとは、今シーズンもすでに始まっている、
東京都社会人サッカーチャンピオンシップの昨年2回戦で、
顔を合わせました。(3月9日 駒沢第二球技場)
c0194736_2095831.gif
まぁ実際のところはかなり押し込まれたんですが、
森田選手と川上選手を軸とするDF陣が次々と跳ね返し、
得点を許さず。
逆に後半すぐにペナルティアーク付近で得たフリーキックを、
戸田選手が美しく右隅に決め、
その後はキッチリ虎の子を守って、試合を閉じました。

東京都チャンピオンシップ、昨年の大井第二開幕と違って、
今年は旧都立秋川高校でのゲームと、
ホームの湾岸からはかなり遠方での初戦なんですが、
ふらっと近くにお寄りの際は@笑、ぜひ応援にいらして下さい!
いい子いますよ~。お好きでしょ~?

◇あの日の一言:「戸田は前のチーム辞めてからの方がフリーキックうまくなったよ」(前のチームの監督)

東京ベイFC 1-0 青梅FC
[PR]
by tbfcinside | 2009-01-27 19:44 | リタベイ
リタベイ第1回 1部リーグ 青梅FC戦
さて、カテゴリまで作ってしまった@笑、リタベイです。
その栄えある第1回は、忘れもしない、
と言いながらよく忘れてて呆れられることが多いのですが、
昨年の1部リーグオープニング・ゲーム、青梅FC戦を。
(4月6日 駒沢第二球技場/ちなみに微妙に記憶違いが、
あるかもしれませんが、いつものことなのでご寛恕を)

この試合はですねぇ、
関東リーグから降りてきて開幕前は優勝候補の筆頭だった、
大強豪を相手に、何と打ち合いになったんですよ。
まずセットプレーから失点し、
45分終了間際に粂川選手のゴールで追いついたものの、
笛が鳴る寸前に再びコーナーキックから失点と、
それはもう苦しい前半だったんですが、
後半も割と早い時間に点を取られて1-3になってしまいました。
c0194736_15225175.gif
が、そこから見せた驚異の粘り腰!
最初は失点後すぐに、今度はこちらのコーナーキックから、
田中選手が素晴らしいヘディングで反撃ののろしを上げ、
次いで10分も経たないうちに川上選手のヘディングで同点に。
で、ここまで来て、「よく頑張ったよ」で終わるかと思いきや、
後半終了直前、戸田選手からのクロスに、
阿部選手がウルトラな右足ボレーを繰り出しついに逆転!
観客席はもうお祭り騒ぎで、
今書いててもその時の興奮が蘇って祭をしたくなるほど@笑。

今年の開幕戦も、きっと何かが起こるんでしょうねぇ…
だってベイの試合ですから。

◇あの日の一言:「右足おもちゃなんですけどね…ってことにしておくんで」(阿部選手)

東京ベイFC 4-3 青梅FC
[PR]
by tbfcinside | 2009-01-24 04:24 | リタベイ