現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


U-18 東京都クラブユース選手権 2
さて、第2部。
場所を我らがホーム@←いっぱいある、天王洲公園に移して、
こちらはユース・チームの、
こないだ惜しくも上位リーグ進出ならなかった、
CY選手権の続き(下位リーグ戦)です。
とはいえ今日の相手も、
勝手知ったるかなりの強敵だったのですが、
17時にグラウンド入りして、すぐに試合が始まりました。
c0194736_23574292.gif
このゲームがもう何と言うか、
いや、ベイウラでもしばらく使ってなかった形容詞で、
裏広報もゲームに付ける用法としては、
使い方をすっかり忘れちゃってたくらいなんですが@笑、
まさに、素晴らしい試合でした。
もちろん、右サイド深く、ほとんど角度のないような位置から
逆のサイド・ネットを揺らした見事な先制弾@14分に始まって、
わずか8分足らずの間に、
ポンポンポンと立て続けに3点奪った前半は、
見ていても。
思わず心が沸き立つような面白さだったのですが、
ある意味、それ以上に良かったと言いたいのが後半。
さすがに動きが落ちてきたところに相手の逆襲を食らい、
何度もピンチを迎えたにも関わらず、
どの選手もサボることなく互いにカヴァーし合い、
45分無失点で乗り切ったこと、
言うまでもなく3-0で終わるのと、
3-1や3-2で終わるのは、天と地ほどの差があるわけで、
そんな風にしたたかにゲームを閉じられたことは、
高く評価してあげたいと。
c0194736_23553996.gif
と言いつつ、実は後半だって、
PK@GKに止められた、を筆頭に、
得点の“超”絶好機が幾度となく訪れていて、
そこで勝負を決め切れない人の良さ?など、
課題は当たり前のようにあるんですけどね@苦笑。
それでも、例えば敗戦の時は、
見る影もないほどシュンとなる選手たちが、
皆、満足げ+誇らしげな顔をして、
ベンチに戻ってきたのが非常に印象的。
裏広報も凍死しそうな寒さを凌いだ甲斐あって@←オーバー、
めったに見られないものを見せてもらえた夜でした。

◇今日の一言:いつもは辛口の森田コーチ、試合後ミーティングで「今までで一番と言っていいくらいの試合だった」
[PR]
by tbfcinside | 2012-02-12 19:00 | ユース
<< 社会人との合同練習会 東京都社会人サッカーチャンピオ... >>