現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


東京都1部リーグ FCフエンテ東久留米戦
うーん…
前節少しばかし褒めたから、ってことでもないでしょうが、
今節は、ハッキリ言って、
非常に調子がよろしくなかったですね、ベイ。
それも誰それがってことでなく、全体的に重かった。
もっとも近くで見てる限り、特別プレッシャーを感じてるとか、
そういう雰囲気ではまったくないんですけどjねぇ。
c0194736_22583879.gif
いつものように19時過ぎのキック・オフ。開始後5分には、
今日の主将・鈴木洵也選手が縦にナイスなボールを入れたり、
ゲームへの入り方はまずまずでした。
ところが15分を越えたあたりから、
相手選手にフリーで抜け出されてフィニッシュまで行かれたり、
チームの調子がいい時とは明らかに異なる、
ピンチが出始めました。
この先厳しい展開になることを改めて予感させるような。

それだけに、34分、
裏広報も「えっ?」と思った松下選手の先制弾!
加藤選手からのスルーパスを、GKと1対1になり、
決して簡単ではないコースに流し込んだんですが、
意表を突かれたし、喜びも2倍でしたね。
もしや自分たちすら気づいてないうちに、
いい流れが来てんじゃね?、とも考えたし、
って裏広報得意のお気楽予測なんですが@苦笑。

でもそこからは、不思議なことにボールが回り出し、
完全にウチの時間帯になりました。
37分のCKからは尾林選手の叩きつけたボレーが、
惜しい軌道を描いたり、加藤選手から内山選手への必殺パスが、
これも残念ながら少しだけ外れたり、三宅選手が絶妙に落として、
後ろからタイミングよく蹴り込んだ望月選手のシュート、
また加藤選手左からの難しいシュートが間一髪ハジかれたり、
…なんて、実はメモを取るのも追いつかないほどの、
ベイの猛攻が始まったわけです。
裏広報のメモ取りは、人並み以下にトロトロしてるんですが@恥。

一息ついての後半も勢いは変わらず。
3分松下、4分内山、5分三宅、11分加藤と、
次々ゴールに迫ります。そして15分の三宅選手、
17分の松下選手のような、一大絶好機も訪れました。
ほとんど蹴球の神さま大盤振る舞い状態@熱。
もちろん、単に押しまくってたのではなく、
その間には一大絶体絶命機も何度か訪れたんですが@苦笑。
とにかく、点を重ねるチャンスは、18分の三宅FKまで、
これでもかこれでもかと続きました。
c0194736_23261341.gif
で、ま、あともう1歩とはいえ、それがモノにならないと、
どういうことになりがちかは、皆さんもよくご存じでしょう。
なので、後半20分以降の展開は、
省略@笑。
最後の砦の正岡選手と、自陣のクロス・バーが、
それでも何本かハネ返してくれてたんですがねぇ…

これでいよいよ、いよいよなことになってきたわけですが@苦笑、
ラッキーなことには、
残り3試合もあるじゃないですか。
皮算用ながら、全勝すればまだ全然間に合う!
そりゃ、下位のチーム、特に直接ぶつかる他チームも
御都合主義な皮算用しまくってると思いますが@笑。
ともあれ3つ勝つ!
目標が明快になったことは悪くないです。
あとはまっつぐ進んでいけば、きっといい結果が。
うーん…
何だか本当にそんな気がしてきた。
って自分で言ってるだけですが@笑。
いや、裏広報を信じる者は救われる…気が25%くらい@低。
しかしながらここまで来たら、裏広報は辞して、
3連勝教の教祖になる所存です。

今日の一言:今日も獅子奮迅の働きだった鈴木洵選手「球際とか好守の切り替えとか、あとちょっと頑張ればって感じだったのに」

都1部リーグ第13節
東京ベイFC 1-2 FCフエンテ東久留米
[PR]
by tbfcinside | 2011-09-11 21:49 | リーグ戦
<< 東京都1部リーグ むさしのFC戦 東京都1部リーグ 早稲田ユナイ... >>