現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


東京都1部リーグ 東京教員クラブ戦
土曜日はほとんど初夏?と思えるほどの陽気だったし、
この日も、午後ぐらいまでは、まだ全然春うららな感じだったんですがねぇ…
夜は花冷えしまくり。
裏広報、ロンドンだろうがパリだろうがNYだろうが、
東京より緯度の高い外国にも一切行きたくないほどの寒さ嫌いなんですが、
まさか昼間っから夜に向けてコートなんぞを着て出かけるわけにもいかず。
(これがホントのオーバー@おやじーギャグ。
つか、オーバーなんて言葉今ねえよ)
それでも天気予報が大々的に断言していた雨が、
全然降らなかったのは幸いでした。
そこはやっぱり、裏広報の日頃の行いがモノを言ったんじゃないかと@をを!
c0194736_2333056.gif
と、いつも前フリが長すぎと言われるので@笑、試合です。
今日は実は、前節とは打って変わってかなりメンバーが揃い、
サブも厚く、これはもう間違いなくやってくれるでしょう、と
個人的には大舟に乗ったつもりでいたのですが、
さすがは何が起こるかわからない一寸先は闇の1部リーグ、
そんな左うちわパタパタ余裕状態には決してさせてくれないのでした。
ったく、世の中よくできてるわ@苦笑。

前半早めに戸田選手のクロスから絶好調の内山選手がダイレクトで沈め、
こいつぁー春から縁起が…と喜んだのも束の間、
何度かあったチャンスを大事にしすぎてシュートで終われないうちに、
相手の左サイドより、
正岡選手ですら反応できない剛球同点弾を浴びてしまいました。
…とはいえその同点弾、確かにシュートも凄かったものの、
実に理に叶った失点だったというか。
いわば、自分たちで招いてしまった、呼び込んでしまった同点弾だった、
と裏広報痛感。恐らくは選手もそんな感じだったんじゃないでしょうか。
c0194736_23354778.gif

ゲームはそこから膠着状態に陥り、
正直、負けるかも?とは全く思わなかったんですが、
後半に入ってからも次の点次第ではという、
シビアな状況がしばらく続きました。
それを晴らしてくれたのが、
後半立て続けに良質のクロスを供給し続けた加藤選手→
釜本の右45度にも匹敵する?、松下選手の2戦連続ズドン弾。
今日初めて裏広報、寒さを忘れました@笑。
もっとも、先生がたはそれでも闘志が衰えず、
守備陣は終盤にかけても奮闘を余儀なくされたのですが、
CKからさらに1点を追加して、終わってみれば快勝。
まぁ快勝というには、余計なオマケが、
最後になってついてしまったんですけどね。

ともあれ、開幕連勝と上々の立ち上がりは記せたので、
ここでこそ改めて、兜の緒を締めて行きましょう。
って裏広報は不得意分野なんで、みんなよろしくお願いします@笑。

今日の一言:「サッカーはやっぱ、奥が深いってことですね」(試合後の望月選手、自ら反省点を整理した後しみじみと)

都1部リーグ第2節 東京ベイFC 3-1 東京教員クラブ
[PR]
by tbfcinside | 2010-04-11 21:55 | リーグ戦
<< 東京都社会人1部リーグ 第3節... U-18初公式戦 >>