現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


東京ベイUNITED 都4部リーグ第4戦
前節から1カ月以上…と、またも、
リーグ戦の間隔が開いていたわれらがUNITEDですが、
いきなりトップチーム同様の大一番がやってきました。
まだ4試合目にして確かにいきなりですが@笑。
要は、ここまで全勝できているわれわれと、
もう1つ全勝を続けているチームとの直接頂上対決、
ここで相手を倒して3部昇格に王手をかけるのはどちらか、
運命の分かれ目となる首位決戦、というわけです。
決戦の地はわれらがホームの大井第一球技場。
そしてキック・オフは前節と同じく7時半、
…の、またも狙ったスケジュール設定だったんですが、
朝早いからといって、眠そうだったり、遅刻してきたり、
そんな人はさすがにいませんでした。
前回、今回と、“早朝”ってのがたいして、
アドヴァンテージにならないことはわかった@苦笑。
c0194736_17541057.gif
どうにか雨も落ちてこない状態で始まった試合は、
裏広報自らそう表現するのもナンなんですが@笑、
とても4部のゲームとは思えない、
2部ぐらいといってもいいようなレヴェルの戦いでした。
勝負を分けたのは、運も含めて、
ほんの少しの差の部分だったというか。
UNITEDは今回も18人集まり、
その中でのベスト・メンバーを組んだのですが、
相手も年が若く、その分技術はしっかりしていて運動量も多く、
前半はほとんどがっぷり四つの形で推移しました。
c0194736_17545489.gif
その均衡が崩れたのは後半。
リスク管理のちょっとしたミスから、
自陣で失ったボールをワンツーでつながれ、
UNITED、先に失点してしまいます。
それでも気持ちを切らすことなく、
粘り強い戦い方は変えずに、いくつかチャンスを作り続ける中、
残り15分を切ったところで、右の伊藤選手からのクロスを、
走り込んだ植田選手が頭で沈めて同点。
この時点では、ハッキリ言って、
流れのまま逆転できるだろうという空気が濃かったと思います。
実際、得失点差の関係もあって勝ちにいったわけですが、
残念ながら、あとロス・タイムまで数分という時に、
右CKからまさかの決勝点を決められてしまいました。
まぁ、勝ちにいかなければならなかった上での失点なので、
それはもう仕方がないかと。
悔しいですが…

ということで、われらがUNITED、
3部昇格は限りなく難しくなりましたが、
それでも最後まできっちり、
高い鍋のように歯応えある戦いをするつもりです。それはてっちり。

◇今日の一言:「たまにはいいな、負けるのも」(松下選手)

都4部リーグ第5節
東京ベイUNITED 1-2 Criacao
[PR]
by tbfcinside | 2009-09-12 12:50 | UNITED
<< 東京都フットサルリーグ 200... 東京都1部リーグ T.F.S.C.戦 >>