現在、東京都社会人サッカー2部リーグに絶賛所属中「東京ベイフットボールクラブ」の広報(裏広報?)がクラブに肉迫した話題あれこれ。
by tbfcinside
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


東京都1部リーグ FC青山戦
「いよいよここから、今季の進退を決定する、
運命の4連戦が始まります」
書いた時の予測以上に、
いろいろなことがあった@苦笑、7月の4連戦。
期待通りの成績、とは必ずしも言えないのが、
裏広報としても心苦しいところではあるのですが、
それでも激闘7月のラストは、スカッと勝って締めようと、
前回の試合(佐川コンピューター戦)以来、
2カ月近くぶりとなる会場へと行って来ました。
c0194736_2352196.gif
考えてみればナイト・ゲームも久々の、19時にキック・オフ。
昼よりは過ごしやすいだけに立ち上がりの動きは悪くなく、
7分、9分といきなり絶好機が続いて、おおっ!
と腰を浮かされるものの@笑、得点にはならず。
さらに20分、みたび決定機到来!…でしたが、
これもあと1歩のシュート・ミスでチャンスを生かせず。
いや裏広報、
そりゃいつも強い心でチームの勝利を信じていますが、
こうも逸機続きだと、
ポコッと失点しちゃうのって今だったりしてねー、などと、
不吉な考えもよぎらせてみたり@どこが強い心だ?@苦笑

しかしながら、そんな暗雲を一気に晴らしてくれたのが、
望月選手でした。
相手のヘディング・クリアによる混戦状態の中、
いち早くベスト・ポジションに走りこみ、
高く上がったボールの落ち際を右足ボレー一閃!
ゴールの左上隅に突き刺しました。
いつも強い心でいるとはいえ、ちょっとホッとする裏広報@笑。
そのまま前半は1-0で折り返します。

後半に入ると今度はいきなり大ピンチ!
相手FWとGK1対1の場面が作られてしまい、
正岡選手がもうどうすることもできないスペースに敵シュートが。
いつも強い心とはいえ、ああああと半目で叫ぶ裏広報@苦笑。
…と思いきや、ゴール内にいた?鈴木選手が間一髪ハジキ返して、
最大の危機を脱したのです。
今日一番のポイントとなるビッグ・プレーでした。
c0194736_23542345.gif
その後は、内山選手が自ら獲得したPKを落ち着いて決め、
待ちに待った今シーズンの初ゴール。
また、前半から好プレーを見せていた田中選手が、
切り返してからシュートまでの恐ろしく速い一撃と、
絶妙なトラップからの見事なループとで2点を取り、
終わってみれば大勝のスコア。
DF陣も、CKから1点こそ失ったものの、
粘り強いタフな守備で奮闘。
そのほか、初スタメン田所、初出場熊谷と、
新たな収穫も得られたなど、
まぁチームとして課題がないわけではないにせよ、
いつも強い心の裏広報、
その揺るぎない信念通りの結果となりました。
ほらね。ほらねじゃねえよ@苦笑。

今日の一言:(今日はキックがよく飛んでるとチーム・メイトに言われて)「先週の練習で良かったんだよ。でも(先週の)本番では出なかったの。そしたら今日は行くんだよ」(正岡選手)

都1部リーグ第10節
東京ベイFC 4-1 FC青山
[PR]
by tbfcinside | 2009-07-26 23:55 | リーグ戦
<< U-18+東京ベイUNITED... 東京ベイUNITED 都4部リ... >>